本店丸の内国内&海外ウェディングLESSON

2018.08.04

もうすぐ8月のお盆。お盆に贈る御供用のお花の選び方やお得な情報も♪

 

あっという間に7月が過ぎ、8月になりましたね。
8月と言えば、お盆休みで帰郷する方も多いのではないでしょうか?
この時期は、帰郷に合わせてお供えのお花を送る方や、帰郷は出来ないけれどもお花だけでも送りたいという方が多くいらっしゃいます。
その際、どのようなお花を選んだら良いのか、いくつかのポイントにまとめてみました。

 
<生花アレンジメント>
【色合い】
新盆・初盆の場合は、亡くなってから日が浅いこともあり、白とグリーンのみでお作りするアレンジメントをおすすめしております。
亡くなってから年月が経っていたり、故人が好きな色を入れたいという場合は淡めの色を入れた優しい色味のアレンジメントが良いと思います。
【お花の種類】
暑い時期なので、なるべく持ちの良いお花を選ぶと良いでしょう。
ユリやトルコキキョウ、カーネーションなどは比較的持ちが良いです。
胡蝶蘭やデンファレなどの蘭類のお花も、持ちが良く、見た目も華やかに見えるのでおすすめです。
また、棘のあるバラなどは嫌悪感を抱く方もいるので、入れない場合が多いです。

<胡蝶蘭>
長くお花を持たせたい場合は、胡蝶蘭がおすすめです。お花が咲いてから一ヶ月は持ちます。
生花と同じく色合いは、白やグリーン、淡めの色合いが良いでしょう。

<プリザーブドフラワー>
プリザーブドフラワーは、お水を変えたり、水やりの必要のないので、そのまま長く飾って頂けます。
贈られた方もお世話を何もしなくて良いので、暑いこの時期などにはおすすめです。

生花、鉢物、プリザーブドフラワーそれぞれに特徴があり、良い部分があります。
どのお花が良いか是非ご来店して、見比べてみてください!


*下北沢本店限定のお得な情報*

8/1(水)~8/16(木)の間に、お供えご用途で対象のアレンジメントを宅急便発送にてご注文の場合、クール便代540円を無料に致します!(別途地方配送料が掛かります)
下北沢本店にご来店でご注文の方に限ります。(ネットや他店舗でのご注文では対応しておりません。)
対象商品は下記の商品です。

 

 

 

是非ご来店の上、御注文お待ちしております。