本店丸の内国内&海外ウェディングLESSON

暑中お見舞い申し上げます!

今年の暑さは異常だ、身の危険を感じるほどの酷暑だ…と毎日のようにニュースになっています。
この熱気、湿気にぐったりしていませんか?
そんな皆さまに元気を届けたいと、今、下北沢本店では「ひまわりフェア」開催中です(7/25~8/5)

夏の花と言えば、真っ先に思い浮かぶのが「ひまわり」です。

太陽に向かって思いっきり花びらを広げる様子は力強く、鮮やかなビタミンカラーは太陽そのもののようにも見えます。まさにsunflowerという英名にふさわしい、見るとエネルギーが溢れてくるお花です。


「ひわまり」と聞けば皆さん、茶色の花芯の周りに明るいオレンジ色の花びらという姿を思い浮かべるのではないでしょうか?
でも実は、ひまわりの品種はなんと、60種類以上もあるんです。
明るくエネルギッシュな共通イメージは持ちつつも、それぞれ少しずつ趣が異なります。

今回のフェアでは、特に人気の6種類を切花としてご用意。
その名も、東北八重、ヴィンセントタンジェリン、レモンオーラ、ゴッホ、テディベア、チョコフレンド…
どれもちょっと、面白いネーミングじゃないですか?

 

 

 

 

 

「ヴィンセントタンジェリン」は、好んでひまわりを絵の題材にしたヴィンセント・ヴァン・ゴッホにちなんで名づけられた品種です。それとはまた別に、その名もずばり「ゴッホ」という品種もあるのですから、どれだけゴッホがこの花を愛していたのかが分かります。「テディベア」は花びらがドーム状に重なっていて、丸みを帯びた品種です。モコモコのぬいぐるみのようで、癒されますよ。「チョコフレンド」は、花びらに茶色い縞模様が入っていて、ちょっと大人っぽい雰囲気。大人の女性へのプレゼントや、シックなインテリアのアクセントにおすすめです。用途や贈る人のイメージを想像して選ぶのも楽しいですよ。

フェア中は、トピアリー型のアレンジメントやお得なブーケ、ひまわりを使ったいろいろな商品をご用意しています。お気軽にお声がけくださいね!

 

 

 

 

 

ちなみに、花言葉は「あなただけを見つめている」「憧れ」です。その陽気なイメージとは裏腹に、とっても一途で情熱的じゃないですか?
私個人的に、好意を持っている異性に気取らず、気軽にプレゼントするのに最適なお花の一つと思っています(^^)

【お得なブーケ800円(税込)】

子どもから大人まで親しまれているひまわりですが、実はとっても奥深い。
この機会に、ぜひお店にいらしてくださいね♪


*下北沢本店は8月中の火曜日は定休日になっております*


 

・観葉植物を飾りたいけど、どんなのを選んだら良いかわからない。。

・観葉植物を飾ってオシャレなお部屋にしたい。。

・観葉植物のプレゼントを探している。。

 

 

そんな皆様にオススメ!!

インテリアにもなるおしゃれなミニ観葉植物を3点選んでみました♪

どれも花弘オリジナルの商品になります!

 

【グラスサラダ風多肉植物の寄せ植え】

ホームパーティーなどで大人気なグラスサラダを多肉植物で表現してみました。

一つあるだけで、テーブルの上が華やかになります。

お呼ばれの時のちょっとしたプレゼントにもオススメです!

 

よく見るとフォークとナイフが。。

まるで本物のグラスサラダのようです♪

 

【流木を使ったエアプランツのテラリウム】

涼しげなガラスに、流木を添えたテラリウム。

エアプランツも色んな種類があるので、お部屋の雰囲気に合わせてお選び頂けます。

場所も取らないので、玄関先や窓際、テレビ台など、様々な場所に飾って頂けます。

 

エアプランツって最近よく聞くけど、実際に育てたことはないという初心者の方はこのテラリウムからはじめてみませんか?

 

【多肉植物のガラスハンギング】

今大注目のハンギングタイプです。

お部屋に吊り下げるだけで、一気にオシャレなお部屋になります。

流木を組み合わせて自然な雰囲気で仕上げています。

ひとつひとつお店で作っているので、同じものは1つとありません。

お気に入りの多肉植物を見つけてみてください。

 

 

いかがでしたでしょうか?お気に入りは見つかりましたか?

下北沢本店では、観葉植物フェアを行っております。

この他にもたくさんの観葉植物をご用意しておりますので、是非ご来店下さい。


【観葉植物フェア】

7/20~8/26まで

【プリザーブドフラワーSALE開催中!】

7/20(金)~7/29(日)の9日間、プリザーブドフラワーのSALEを行っております。

暑い時期でも長く持つプリザーブドフラワーは、ご自宅用にもプレゼント用にもオススメです。涼し気な夏らしいものから、季節を先取りするものまで、たくさんご用意しております。

 

【プリザーブドフラワーを長い期間楽しむ保存方法!】

<プリザーブドフラワーとは。。>

Preservedとは、英語で”保存された”という意味です。

花や緑を最も美しい瞬間に刈り取り、特殊な液で脱水・脱色した後、自然素材による色素をプラスし乾燥させたお花になります。

ドライフラワーと違い、より生花に近い見た目になります。さらに、脱色後に色素をプラスしているので、生花にはない色合いを出すことが出来、カラーバリエーションも豊富です!

 

<より長い期間楽しむには。。>

下記の3点に気を付けて、より長い期間楽しみましょう♪

*直射日光を避ける*

窓際や一日中日の当たる場所などは、色落ちの原因となります。

*高温・多湿な場所には置かない*

キッチンやお風呂場などの水回りの近くは避けましょう。変色の原因となります。

梅雨や夏の湿度の高い日の窓の近くなども要注意です。

*埃に気を付ける*

埃は劣化の原因となります。埃が被った場合はやわらかい筆や、ドライヤーの送風などの優しい風で埃を払いましょう。

【最後に】

ケースに入っている商品は、ケースから出して頂いても楽しめますが、そのままの方が埃や湿度から守られます。

より長く楽しめる方法が分かったこの機会に是非プリザーブドフラワーを飾ってみませんか?

通常よりお手に取りやすいお値段になっております。

1点物もございますので、お早めにご来店下さいませ!

 

 

 

 

ワークショップのお知らせ

7/21(土),7/22(日) 10時〜18時

下北沢本店 店舗にてワークショップを行います。

今回は、涼しげなガラスベースに流木や貝殻を飾り付け、お好きなミニ観葉植物を植えて頂きます。

世界に一つだけのオリジナルの器が作れます。

様々な形の流木からお気に入りのものを探すのも楽しいですよ!

暑い日が続くこの時期のプレゼントにもぴったりです♪

予約不要ですので、当日飛び込み参加OKです!

スタッフ一同お待ちしております♪

——————————————-

【グリーンサマーベース作り】

7/21(土),7/22(日) 10時〜18時

下北沢本店 店舗にて

¥1,000(税込)

 

先日最近多肉植物が人気です!と、このブログでもご紹介しましたが、その多肉植物の中でも「塊根植物」という太い根や幹を持った珍しい植物が入荷してきました。

貯水タンクのような根っこの部分に水分や栄養を溜め込む事が出来るので、長期間の暑さに強い植物です。独特のフォルムをしているので、盆栽のように仕立てて肥大した根や幹を楽しむことが出来ます。

本日入荷したのは<アデニウム>。ユーモラスな形は見ているとなんだか愛着が湧いてきますね。鮮やかなピンク色の花も咲くので“砂漠のバラ”と呼ばれているそうです。

この時期の室内でも育てやすいので、インテリアとして育ててみてはいかがでしょうか。

7月16日(月)まで、胡蝶蘭フェアを開催中です。
色合いや種類も豊富な胡蝶蘭は暑さにとても強いので、夏のインテリアや贈り物に最適です。「幸福が飛んでくる」という花言葉も素敵ですよね。その花姿はまさに、蝶々が羽を広げてひらひらと舞っているようです。
最近は1ヶ月に一度の給水でさらに手入れが簡単な胡蝶蘭専用ポットも登場しています。
高額なイメージの胡蝶蘭ですが、5,000円前後からご用意がございますので、カジュアルに楽しんでみてはいかがでしょうか。

2018.07.04

夏の贈り物

サマーギフトには涼しげな色合いのお花や観葉植物を選ばれる方が多いのですが、アンスリウムが贈り物に特に好まれています。赤やピンクもあるのですが、ダントツ人気は白!うちわのような見た目が涼しげに見えますよね。
色によって花言葉も違っていて、赤は「情熱」、ピンクは「飾らない美しさ」、白は「熱心」。
贈る相手によって選んでみても良いですね。

現在店頭では、夏の野菜や果物、ハーブ系の植物が豊富です。
ゴーヤやトマト、パッションフルーツやブドウなど、育てて食べる楽しみがありますよね。
シソ、バジル、パクチーなどは夏のお料理には欠かせません。夏の暑さはこれからが本番!
自分で育てた野菜やハーブで調理する楽しみも増やしてみてはいかがでしょうか。

 

 

これからの季節、お手入れ不要のドライフラワーの需要が高まっています。
バラやラベンダーが人気ですが、実物やグリーンもとてもシンプルです。年代問わずお楽しみいただけるのも良いですよね。最近人気のハーバリウムの中に入っているバラの花びらやグリーンもドライフラワーです。
ミニブーケやリースなど、ご用途に合わせてお選びいただいています。

最近多肉植物が流行っていて、若い男性がよく購入されています。専門店(セレクトショップ)や専門家も増えていて、男性誌でも特集が組まれるほど。多種多様、摩訶不思議な姿形が魅力なのでしょうか。南米やマダガスカルなど暑い国の品種が多く、お手入れが簡単なので、これからの季節に良さそうですね。
(雑誌の写真:EYESCREAM6月号より)